チンチラの値段の相場は?最安値で買う方法を解説

チンチラ

見た目の愛らしさから最近では人気になっているチンチラですが

小動物の割には値段が高いです。

しかしカラーなどある程度目を瞑ればリーズナブルな値段で購入ができます。

そこでゼロから買う方向けでできるだけ総額を抑える方法を解説します。



チンチラの値段の相場は

カラーごとの値段をまとめます。

スタンダートグレー

名前の通りチンチラ界では一般的なカラーとなっています。

多くの方は単にグレーという方が多いと思います。

相場値段は20,000円~35,000円となっています。

シナモン

全身が薄茶色っぽいからーです。

グレーやブラックにくらべかなり明るい印象になります。

目は赤っぽい色をしています。

シナモンと同じ毛色で目が黒いチンチラをベージュと呼ぶこともあります。

相場値段は35,000円~50,000円となっています。

https://www.instagram.com/p/B2keB3ZgPzm/?utm_source=ig_web_copy_link

ブラックベルベット

全身が黒っぽく、胸元からお腹の毛色は白いです。

全体の印象として白っぽい色が入るためブラックエボニーほど黒くないよ。

耳は暗いグレーに近い色で、尻尾には白い毛が混ざっています。

スタンダードグレーを濃くしたようなイメージですね。

相場値段は40,000円~55,000円となっています。

ブラックエボニー

全身が真っ黒でお腹も黒色です。

個体により耳や胸元の色が明るい黒の場合がありますが、

ブラックエボニーは色が真っ黒なほど値段が高くなります。

チャコールと呼ばれることもあります。

相場価格は50,000円~65,000円となっています。

ホワイト

体全体が白く頭や背中にシルバーが混ざっています。

シルバーの入り方や耳の色は個体により差があり、それに伴い値段も異なってきます。

シルバーの部分が多くなるほど値段が高くなる傾向になっています。

シルバーパイドと呼ばれることもあります。

相場値段は65,000円~80,000円となっています。

バイオレット

青紫色で高級感漂う毛色です。

お腹は白く、耳が黒っぽい場合もあります。とても綺麗で希少な種です。

相場値段は65,000円~80,000円となっています。

以上がペットショップで購入できるカラーとなっています。

なので最安値で抑える場合はスタンダートグレーになりますね。

チンチラを最安値で買う方法を解説

チンチラはカラーはスタンダートグレーになりましたね。

飼うための必要最低限のものをまとめて解説します。

エアコン・除湿機

ペットを飼う部屋でエアコンがないのであれば必ずエアコンは設置しておきましょう。

チンチラは暑さにとても弱いので夏場は24時間エアコンはつけっぱしですね。

チンチラは湿度に対してもとても弱いので除湿機を持っておきましょう。

ゲージ

チンチラは放し飼いは難しいのでゲージは必要ですね。

ゲージはペットショップで買うと高いのでAmazonで買いましょう。

そうしますとゲージ代が大きく抑えれます。

餌箱・水飲み

餌箱は牧草を入れるものとペレットを入れるものを用意しましょう。

水飲みもペット専用のものを用意しましょう。

これらはそこまで高くなくても大丈夫だと思います。

ステップ・ペット小屋

チンチラのゲージは縦に長いので上に登れるようにゲージ内を

コーディネイトをしてあげる必要があります。

なのでステップは2つから3つ程度でペットの小屋を1つ準備しておきましょう。

回し車

ゲージ内でも遊ぶことができるように回し車を置いてた方がいいでしょう。

チンチラが回し車で遊んでいると安いものだと音がうるさいと思います。

今回はそちらでもいいですが、できればチンチラが遊んでいても音が控えめなものを

最初から購入しておくといいでしょう。

しかし頻繁に部屋で遊ばすのであれば必要はないですね。

ペットシーツ

ゲージ内でいることが多いと思いますので、

チンチラがゲージ内でうんちやおしっこをします。そのため下にペットシーツを

置いておくと良いでしょう。

砂浴びケース(バスハウス)

チンチラは水が大の苦手です。

なので水浴びができない代わりに砂浴びをします。

砂浴びをすることによって、細菌などを落とすことができ病気から身を守っています。

エサ

チンチラの主食はチモシー牧草になります。

プラスでペレットなどを与えます。

チモシー牧草

チモシー牧草がチンチラの主食になります。

ブリーダーごとによって与えているチモシーチ牧草が違うと思いますので

こちらは食べなれているチモシー牧草を選んであげてください。

ペレット

こちらもチモシー牧草同様食べ慣れているものを買いましょう。

チモシー牧草とベレットは一日当たり数十グラムずつしか与えませんので

買うときは高いなと思っても一つ買ったら1か月は持ちますので

一日当たりのエサ代はそこまで高くつきませんよ。

まとめ

以上で私が思うチンチラを最安値で飼う方法です。

参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました