チンチラすぐに死んだ理由は?突然に体調を悪くしてしまう原因は

チンチラ

チンチラの寿命は飼育環境ですと10年~15年ほどと言われています。

しかし中には飼育し始めて数日の間に死んでしまうこともあります。

またペットを飼い初めは多くの方は赤ちゃんのときから飼いたいって思う方が多いはずです。

ですが突然死にはこれも原因とも考えられています。

では、原因を追究しましょう。



チンチラすぐに死んだ理由は?

多くの場合は

  • 飼育環境
  • ストレス
  • 親元から離すのが早すぎた
  • 病気

なので事前に準備できることはしっかりとしておくことです。

チンチラ買う前に家庭でしておいた方がいいことまとめ
ペットショップやYoutubeなどでチンチラを見かけて買ってみたい! なった方もいるとは思いますが、 買う前に家庭での事前準備や チンチラを迎えるためにしておいた方がいいものをまとめてみたいと思います。 ...

飼育環境

チンチラは比較的に寒さに強いと言われていますが冬でもチンチラの

いる所では暖房が必要です。

もし冬で暖房をなしでチンチラを飼育環境を行うとチンチラが低体温症を起こしてしまいます。

 

意外ですよね?

寒さに強いはずのチンチラも低体温症になるなんてと考えますよね?

しかし野生のチンチラは基本的に群れでの行動をしているので、

寒いときは互いに暖めあっています。

 

このようにして冬を越します。

なので飼育環境化では寒さ対策をしっかりと行う必要があります。

ストレス

チンチラを飼育するのであれば常に気を遣う面ですね。

ストレスを与えすぎるとさまざまな病気になります。

これはチンチラに限ったことでないですね。

 

なので適度に定期的にストレスを発散しましょうね。

チンチラのストレス発散方法4つ紹介!
チンチラは病気からは比較的に強いと言われていますが。 ストレスには少し弱いかもしれません。 チンチラも人間同様にストレスの溜まりっぱなしはよくありません。 適度に発散しないとストレスによる病気になる恐れがあります。 ...



親元から離すのが早すぎた

早い所ですと1週間以内で亡くなってしまうという事例があります。

かなり寂しいですよね…

この様な事を自分の所で起こさないようにするためには事前に準備をしておきましょう。

また以外なことに親元から離す期間ですね。

 

どのくらいの期間で亡くなった事例があるのかと言いますと、1ヵ月間で離すと亡くなったと言う事例があります。

ペットを小さいうちから面倒を見たいと言う気持ちは分かりますがストレスとチンチラの

健康にためにも十分な期間を設けてあげましょう。

前提としまして、生後1か月のチンチラを売っているという時点でおかしいです。
離乳まで6~8週、つまり生後2か月までは母親と一緒にしておかなければなりません。
なので知人などから貰えたりしてもすぐには貰わないようにしましょう。

病気

病気に関しては遺伝等の可能性もあります。

しかしながら飼育環境でも病気に罹ってしまうこともあります。

 

なので病気は上記のことがらが合わさって発症するケースが多いので日々の

ケアをしっかりとして少しでも異変を感じたら病院へ行きましょうね。



チンチラすぐに死んだ理由まとめ

以上がすぐに死んでしまうケースです。

ほとんどが飼育環境が原因だという事が分かりますね。

チンチラを飼育することは意外と難しい所もあります。

 

なので飼育前にはしっかりとした準備が必要です。

チンチラにむかつくことはあるのか?流石にこれをされると怒ってしまう?
チンチラを飼い始めてチンチラに対してむかつくことはありましたか? 因みに私はむかついたことは何回かあります。 これは私自身が知識不足で起きた事もありますがショックだったこともあります。 なので私がチンチラに対してむかつきそ...
タイトルとURLをコピーしました